四コマ日記「おぎジイ その5」

芸術と世俗の両立。それがおぎジイの真骨頂でした。